OSがクラッシュした時の修復方法

スポンサードリンク

OSがクラッシュした時の修復方法

OSのプログラムにバグがあったり、直前にインストールしたアプリやデバイスドライバがOSのプログラムに干渉したりしてエラーが発生し、OSが起動できない状態をOSがクラッシュしたなどと呼びます。OSが起動しないとHDDにアクセスできないので、よく、HDD故障のトピックに含まれてたりしますが実際はHDD自体には異常はありません。ただうまく復旧できないとHDDのデータ(特にcドライブ)まで一緒にクラッシュしてしまうことがあるので対処法は知っておく必要があります。

私はウインドウズしか触ったことがないのでMacの方は分からないですが、ウインドズの場合はOSがクラッシュした場合はブルースクリーンモードとよばれる状態に自動で移行してそこで復旧作業をすることになります。ブルースクリーンモードとはOSの起動などOSの機能を最低限必要なものに限定して異常なプログラムによるダメージをこれ以上受けないようにするためのモードです。セーフモードなどとも呼ばれていますね。

このブルースクリーンモード上で復旧作業を行っていきます。初心者の場合いきなりブルースクリーンになられても戸惑ってしまうと思いますが、そんな方のためにブルースクリーンになった原因を教えてくれるツールを使うといいでしょう。

OSのプログラムのバグであればマイクロソフトの公式ページなどで修復プログラムなどが配布されるはずなのでそれで復旧させたり、直前に入れたアプリなどが原因の場合はアンインストールしたり、システムの復元を使って正常に動作していた状態にもどしたりすることで復旧させます。

通常はこれで復旧しますが、最悪の場合は全てのデータをフォーマットしてのクリーンインストールが必要な時もあります。この時cドライブに入っているデータは全部消えることになるので重要なデータがある場合はクリーンインストールする前にデータを抽出しておく必要があります。ブルースクリーンモードでデータを移動できればいいのですが、出来ない場合はCDブートなどでOSが起動してなくても使える「ファイナルデータ」などのサルベージソフトや、バックアップソフトでデータ抽出する必要があります。通常、Dドライブ以下のドライブは影響を受けませんが、万が一に備えて重要なデータだけでもバックアップしておくと安心です。


<<前エントリ