HDDの故障の種類

スポンサードリンク

HDDの故障の種類

HDDの故障といっても、色々なケースがありますが、ざっと書き出せば3つほど挙げられます。どのケースでもHDDのデータが読めなくなるのには変わりありません。また、対処法もそれぞれ違ってきます。

まず1つはHDD本体の故障、これは何らかの原因によりHDDの動作に異常が起こりデータが読めなくなるケースです。

2つめはHDD内のデータが破損したケース。これはデータを書き込んでいる時に異常なデータが書き込まされたり、経年劣化などにより不良セクタ、つまりデータとして読めない箇所が発生、増加して読み込めなくなるというものです。

最後に3つめはOSのトラブルによるHDDへのアクセスができない状態です。正確に言うとこのケースはハードというより、ソフトの問題ですのでHDDの故障というべきではないのですが、結構混同されている方も多いようです。どちらにせよHDDのデータにアクセスできなくなるので対処法は知っておく必要があります。

どの場合でも修復する方法は一応あります。厄介なのはHDD本体の故障ですね。HDDが動いてくれないことにはデータにアクセスしようがないので、何とかして動かすために四苦八苦するわけですが、素人レベルでは修復不可能なケースが多いです。唯一できそうなのは基盤交換くらいで、それ以外のドライブ部分の修理には基本的にクリーンルーム内での作業を必要とし、さらにナノメートル単位での精度の調整が必要でこれだけでも一般人には無理なのが分かります。これに比べてデータの破損やOSのトラブルはまだ易しいと言えるかもしれません。破損したデータからデータを取り出すツールなどがフリーで出てたりしますし、OSの場合は直前にインストールしたデータが原因でクラッシュしたという原因が大半で、その場合インストールしたデータを消せば元に戻ります。

このサイトではこういったHDDのトラブルを自力で解決するための情報を集めていこうと思っています。専門業者にHDDの修復を依頼するのは、簡単ですがその前に自力でなんとかHDDの修復、復旧ができないものかと考えている方に少しでも当サイトの情報が役に立ってくれれば幸いです。

但し、万が一でもそのデータが復旧できないと大変なことになってしまうという方の場合は、素直にHDD修復専門業者やデータ修復専門業者などの専門家の方に依頼してください。あくまで当サイトの情報は自己責任での利用をおねがいします。


次エントリ>>