HDDを修復する方法を解説するサイト

スポンサードリンク

HDDの修復について

HDDの画像HDDが突然故障しパソコンが急に起動しなくなった、という話をよく聞きます。HDDは低価格で大量のデータを保存でき大変便利ですが、超精密機器であり結構壊れやすいメディアでもあり、HDDの修復にも大変高度な技術を要します。特にHDDは熱に対して弱く、放熱環境が劣悪だと突然壊れることもめずらしくありません。

HDDの故障は主に2つのタイプに分けられます。まず1つはHDD本体の故障、これは何らかの原因によりHDDの動作に異常が起こりデータが読めなくなるケースです。これは経年劣化により、モーターや軸受け等の駆動部分が劣化し動作に異常をきたすケース、高熱による制御基盤の暴走や焼損、モーターの焼付け、衝撃による、ヘッド接触してのヘッド、プラッタのクラッシュするケース等、物理的な要因による故障です。これを物理障害と呼んでいます。HDDの故障としては重度の故障に入り、修復するにはHDDを開封して分解しなければなりません。大変精密な調整、管理が必要な為、個人での修復はまず不可能です。唯一、開封を必要としない基盤交換のみ可能ですが、ファームウェアが一致しないと型番が合っていても動作しなかったりと修復はかなり難しいです。

※HDDの基盤交換
HDDの基盤交換作業

 

2つめはHDD内のデータが破損したケース。これはデータを書き込んでいる時に異常なデータが書き込まされたり、経年劣化などにより不良セクタ、つまりデータとして読めない箇所が発生、増加して読み込めなくなるというものです。書き込み不良は衝撃などによりヘッドが損傷したり、高熱の状態で動作したりした時に発生します。書き込み不良な箇所はそのまま不良セクタとなります。これが増えると通常のアクセス方法ではデータにアクセスできなくなります。この障害を論理障害と呼んでいます。サルベージソフトは特殊な方法で何度もアクセスすることにより、読めないデータを取り込んできます。サルベージソフトを使えば個人でも対処可能な傷害と言えます(程度によりますが)。

 

HDD修復業者は安易に選んではいけない

HDDの修復も最近ではファイナルデータを始めとする強力なサルベージソフトの出現により個人でもできるようになってきましたが、大変重要なデータで万が一などあってはならないというような状況の時は専門業者に依頼したい所です。きちんとした業者なら論理障害なら9割以上の確立で修復することが可能です。また、物理障害に到っては個人では無理がありますので、HDD修復業者が頼みの綱となることでしょう。

だからと言って業者を安易に選んではいけません。HDDの修復作業は素人ではとても理解できないことを良い事に詐欺まがいの作業をしてくる悪徳業者が増えつつあるからです。聞いた話ではある自営業の人が仕事の片手間に市販のファイナルデータで復旧作業をして何万円も請求。それで直らなかったらオントラックなどの大手のHDD修復業者に外注し掛かった修理代に利益を足してお客に請求する。こんな業者がHPで堂々と「お客様の大切なデータを私どもが復旧させます!」などと宣伝しているのです。

HDD内部
※銀色のディスク状のものがプラッタと呼ばれるデータを保持する部品。
業者によってはデータを吸い出した後このプラッタをわざと破壊して他社で復旧不能にして送り返してくる業者もあるとか。

まともな業者ならデータ復旧前に復旧可能なデータのファイル名リストを教えてくれたり、作業証明書などを発行してくれたりします。こういうことを拒んでくる業者はかなり怪しいと言っていいでしょう。騙されない為にもHDD修復業者を選ぶ時は情報を集めて、技術があり、信頼のできる業者をしっかり吟味する必要があります。

 

HDDを故障させない為には

HDDを一旦故障させてしまうと素人では手に負えません。そこで故障させない為にはどうしたらいいか考える必要があります。HDDの寿命を縮める要因は2つ挙げられます。それは温度とスタート&ストップです。温度については物理障害、論理障害の両方の要因ともなり、HDDにとっては最も厄介なものです。HDDの動作に最も最適な温度は20〜40度と言われています。高熱はもちろんとして実は温度が低すぎても良くないのです。冬の寒い日に特に暖房も入れていない部屋で電源を入れてすぐにウイルススキャンや動画のエンコードなどHDDに高負荷をかける作業をするのはお勧めできません。そういう時は電源を入れて30分ほど放置して暖機運転させましょう。

しかし一番注意したいのは温度が高すぎる場合です。HDDは60度を超えた状態で動作すると著しく寿命を削ってしまいます。24時間動きっぱなしのときは即死することすらありえます。冷却ファンなどを適切に設置し、放熱対策はしっかりするようにしましょう。HDDを増設する時はスペースがあれば1台分空けてHDDを設置するとその分隙間ができて熱が溜まりにくくなります。

スタート&ストップとは文字通りHDDの起動と停止を繰り返す事です。HDDに限らず駆動するもので最も負荷が掛かるのは動き始めです。この時の負荷を多く繰り返すほど寿命にも影響していきます。通常のパソコンの起動、終了はいいのですが、最近では省電力設定とかで10分ほど放置したらHDDの電源がオフになったり、スリープモードに入ったりします。この時も当然HDDは停止します。スリープが解除になったらHDDは動き出します。こんな感じで数十分単位でスタート&ストップを繰り返すとかなりHDDに負担がかかりますのでHDDのことを考えるとあまりお勧めできません。こういう時は10分ほど放置したらディスプレイのみオフになるようにし、HDDの電源オフやスリープには入らないように設定することをお薦めします。HDDの電源を落してもアイドル状態で10Wほどなのでそれほど節電効果にはならないのです。

スリープモードならかなりの節電にはなるでしょうが、節電をとるのかHDDをとるのか難しい所ですね。


  • hdd 修復 TOP